動画共有サービス『YouTube』の使い方

投稿 2006年09月04日 by 和田 | トラックバック (1) |

写真最近人気の「YouTube」

日本でも同様のサービスが次々登場しているので、わざわざ英語版“ヨウモノ”使う必要もないかもしれないけど、タグつながりで、海外の人が自分の撮った動画を見てくれて、日本で流行のものとかライフスタイルを見て「ほ~っ!」と思ってくれたら楽しいなということで。


「YouTube」にアップできる映像

実はまだちゃんと理解していないのだけど、
割と一般的な動画フォーマットだったら大丈夫らしい。

YouTube accepts video files from most digital cameras and camcorders, and cell phones in the .AVI, .MOV, and .MPG file formats.
ほとんどのデジカメやビデオカメラの動画ファイルなら大丈夫だよ。あと携帯もね。AVIとかMOVとかMPGとか。

・AVIファイル
・MOVファイル
・MPEGファイル

Max file size: 100 MB. Max length: 10 minutes.
アップロード可能なファイル:100MB以内/10分以内

※注:英語能力高くないので、この後も含め、訳は結構てきとーです。

自分は、サイバーショット「DSC-M2」で撮ったMPEG4ファイルをそのままアップしている。デジカメからパソコンに動画ファイルをコピーし、YouTubeの管理画面でそのファイルを指定してアップするだけ。
 
 

「YouTube」にアップした映像の使い道

ビデオ毎にURLが発行されるので、家族や友人にそれを見せたければ、そのURLをメールで知らせればいいし、自分のサイトやブログからリンクを張ってもいい。

インコの水浴び風景はこちら(YouTube)

あるいは直接記事に埋め込んでしまうこともできる。

人気の動画なら、他の人がブログやサイトでリンクをしてくれたり、あるいは直接埋め込んでしまうこともあるだろう。

試しにYouTubeの動画を自分のブログに埋め込んでみたいという方は、このページの右側の「Embed」というところにあるタグを丸ごとコピーして、記事に貼り付けてみるといい(その時、2箇所「width="320" height="240"
」に書き換えておくと、横に伸びすぎなくていいと思う)。
 
 

「YouTube」新規登録(無料です)

新規登録者は、まずここにアクセス。

YouTube - Sign Up(新規登録)

写真
↑クリックで拡大(最近の画面と一部違います)

そして、

・メールアドレス
・名前(あとでビデオを見る人に表示される名前/多分半角英数のみだと思う)
・パスワード(二回入力)
・国名(「Japan」を選択)
・郵便番号(アメリカ・カナダ・英国以外は不要)
・性別(男性は「Male」、女性は「Female」)
・確認(かなり読みにくい英数の画像を読んで入力)

一番下のチェックボックスは、「The Weekly Tube」というメールニュースを購読するかどうか。英語だし、特に不要ならチェックをはずしてから「Sign Up」ボタンをクリックする。

写真

自分の入力事例。

写真

・・・が、いきなりエラー。

「ごめんよ。ユーザーネームはさ、文字と数字っちゃか駄目なんよ。あんた、空白入れたでしょ。それ駄目なわけ」

当初「Akiko Wada」と、間に空白を入れてしまったのがNGの原因。
仕方がないので「akikowada」と続けて入れることにした。

余談だけど、英語のサービスの新規登録でつまづく人の大半は、自分含め「エラーメッセージの認識ミス」だ。
日本語のサービスでもそうだけど、エラーメッセージを見落としたまま、何度も何度も「なぜ先に進めない・・・」と壁にぶつかり、途中で断念してしまう。

英語の場合、「Sorry」で始まる一文が表示されたら、何かエラーがあったと思おう。


「YouTube」詳細情報登録

写真

結局、「akikowada」は既に他の人にとられていて、「akikow」で無事登録完了した。

「Welcome to YouTube, akikow!」というメッセージが、
機械的に自分を歓迎してくれているようだ。

で。

これはいったい何の画面???

どうも、「家族」「友人&知人」を事前に招待するための画面のようだ。
YouTubeは、必ずしも全人類に自分の画像を公開しなくてもよく、「家族のみ」「友人のみ」といった限定公開が可能。それと関連したところだと思う。

日本人の多くは、「むしろ家族・会社の同僚には見られたくない」というケースのほうが多いかもしれないので、特別そうしたことが必要なければ、ここは無視してしまっていい。

仮にここで限定公開先のメールアドレスと名前を登録したとしても、YouTubeから英語のメールが配信され、9割以上の確率で、単なるスパムと思われて破棄されると思う。


+++


それで、実はこの後の手続きを忘れてしまったんだけど、
確かこのページ上部の「Complete your profile page(プロフィール詳細を記入)」をクリックしたか、画面一番下の「Skip(面倒なんてとばす)」ボタンをクリックしたか、どっちかすると次の画面に行く。

写真

「General Info(一般的な情報)」

まず「Channel Infomation(番組に関する情報)」欄だ。

YouTubeにアカウントを作ると、ある意味そこがひとつの動画ブログのような存在、つまり「番組」になる。その番組名や説明文などをここで入力する。

自分は、ブログが「WADA-blog」なので、動画ブログのほうは「WADA-Vlog」にした。「Vlog」とは「Video Blog(動画ブログ)」という意味の、割と一般的になりつつある用語だ。

次に「Personal Information」。

このあたりは、後で公開される部分もでてくる。たとえば具体的な誕生日はでないけど、年齢は表示されたり。そのあたりいろいろチューニングできるので、とりあえず記述しておいて、後で確認しながらまた編集していけばいいと思う。入力しなくても大丈夫かもしれない。

「About Me(自己紹介文)」は入力しなかったが、特に問題なく進めた。

あとその下のラジオボタン(選択する丸いボタン)の内容。
私も英語はそんな得意でないので、ざっくり訳だが・・・。


▼Profile Icon(プロフィール欄に掲載するアイコンというか写真)

○Use the last video uploaded as my profile picture.
 (プロフィール用の写真は、最新ビデオから切り出した静止画でよろしく)
◎I'll select the profile picture fron "My Videos".
 (アップロードしたビデオの中から、どの写真を使うか自分で選ぶよ)

和田コメント:どれでもいいけど、とりあえず2番目で、好きな動画のキャプチャーを選べるほうが無難かも。


▼Profile Comments(プロフィール欄のコメント)

○Allow comments to be added to your profile.
 (プロフィール欄へのコメントを受け付ける)
◎Don't Allow comments to be added to your profile.
 (プロフィール欄へのコメントは受け付けない)

和田コメント:どうせ英語だから誰もコメントなんてしないと思うのでどっちでもいいと思う。自分の場合は、「DEBU」とか「BUSU」とか書かれて凹むのも嫌なので、受付せずにした。

▼Profile Bulletins(プロフィールの・・・ばれちん?)

えっとすみません「Bulletins」の意味がよくわかってないんですが、研究社の英和辞典を開いたら、なんと高校生で受験勉強中だった若かりし自分は「学習済み」マークをつけてました。

意味は「公報・報告/会報/ニュース速報・臨時ニュース」など。

うーん、わかりません。
友達からプロフィールに関する報告を受け取るかどうか・・・とりあえず「受け取らない」にしておこっと。

写真

この「Personal Information」ページ、恐ろしいことにまだまだ続いている。
大部分は、入力せずに通過しちゃっていい場所だけど一応見ておこう。

Location Infomation(場所に関する情報)

ここは住所関連。
とりあえず「Hometown」とあったので、葛飾区を愛する自分は「Katsushika」を入力。さらに「Current City」には「Tokyo」。

このあたりの情報は、一般に公開されている。

http://www.youtube.com/profile?user=akikow
↑ここの左側のボックスの「See Full Profile」をクリックすると表示される。

入力しておきたいところだけ入力したら「Update Profile(プロフィールを最新にする)」ボタンをクリック。

写真

そうすると「Your profile has been updated.(プロフィールは無事アップデートされたよ)」というメッセージが表示される。よかったよかった。

しかし!

まだ終わりではない。
あるいは、終わりにしてもいいが、先もある。


「YouTube」配色カスタマイズ

「Customize your channel by picking your own colors!(配色を選んで、番組をカスタマイズする)」という一文がある。クリックしてみよう。

写真

ほんとだ・・・配色を選べるようになっている。
面倒という人は、上部の「Select Theme」の配色を選べばいいし、「いやいや、絶対オリジナルで!」という場合には、その下の「Advanced Customization(上級カスタマイズ)」で、背景色や背景に使いたい画像、リンクテキストの色などをひとつひとつ指定してゆくこともできる。背景画像まで指定したら、相当オリジナリティはでてくるだろう。

写真

ただし「Advanced Customization(上級カスタマイズ)」、本格的にやろうと思ったら結構大変。
右側の例をみながら、どこの色をどう変えたいのか、じっくり検討してみよう。

写真

そうして出来上がった、自分のYouTubeトップページはこれ。
色はプリセットの緑のやつを選んだ。
プロフィール欄の画像は「自分で選ぶ」にしているので、デフォルトのもののままだ。

ちゃんとURLができているのが嬉しい。

http://www.youtube.com/user/akikow

「Connect With akikow(akikowとコネクトする)」欄を見ると、「Send Message(メッセージを送る)」「Forward Member(メンバーに知らせる)」「Add to Friend(友達に追加する)」「Add Comment(コメントを書く)」といったメニューもある。

まだ理解していないけど、きっと「Subscribe(購読する)」ボタンを誰かが押せば、新着ビデオの情報を自動的に取得できるようになるのだろう。


「YouTube」で動画をアップロードする

写真

それはともかく。
動画をアップしなくちゃ!

ページをよくよく見ていると、上部に「Upload」という文字列。
多分これだへ?

写真

クリックしてみるとこんな画面が出た。

「Please confirm Your Email(メールアドレスの確認が必要です)」

登録メールアドレスの確認だ。
先ほど入力したメールアドレスを入れて、「Send Email」ボタンをクリック。

ちょっとして、YouTubeから、確認作業完了用のURLが入ったメールが届いた。
これですべて準備完了だ。

写真

そして再び「Video Upload(動画アップロード)」画面へ。

・Title(動画タイトル)
・Description(動画の説明)
・Tags(タグ)
・Video Category

困ったことに、タグすらも入力しないで次に進もうとするとエラーになる。
なので何でもいいから適当に入力しておこう。

タグとは、最近ソーシャルブックマークなどでもよく登場するが、ブログの記事などにキーワードとなる言葉を各自設定するもので、カテゴリのもっと“アバウト”で“緩やか”で“自由度が非常に高くて面白い”ものと考えておけばいいかも(その都度作るカテゴリ/人と共有できるカテゴリ・・・みたいなやつ)

写真

ちなみに自分、最初にアップした記念すべき笠井さんのスピーチ動画には、

・Title:D064 Seminar Mr.KASAI Message
・Description:What's is "Royal Affiliate site"?
・Tags:affiliate
・Video Category:Science & Technology

という具合に設定した。
この時は、笠井さんが英語ぺらぺらな超国際派なので一応真面目につけたが、日本人のみ向けなら、別に適当でいいと思う。



●追記(2006.08.14)

「日本人のみ向けなら、別に適当でいいと思う」って書いたけど、その後よくよく考えてみたら、この態度は日本人の傲慢なのかもな、と少し反省。日本人として悲しいこんな記事とか読むと、英語のサービスで、英語をベースとしたコミュニケーションが成立している(よく知らないけど?)ところに、日本人がずかずか踏み込んで「どうせ日本人向けだし」なんて理由で「Public」なのに日本人以外に閉鎖的な態度をとってしまうのは、摩擦の原因かも・・・と思った。
excite翻訳とか駆使して、ちゃんと英語(ぽい言語)で、タイトルや説明文、タグ付けをする努力だけはしようと思いました(インコ動画とか「MIZUABI」としか書いてない自分)。

ちなみにコメントに書いたけど、日本語の同じようなサービスもいろいろあります。

http://www.watchme.tv/
http://vision.ameba.jp/
http://video.ask.jp/

そして、一番下の「Continue(続き)」ボタンをクリック。

写真

いよいよ、念願の動画アップロード画面だ。

「Browse(ファイル検索)」ボタンをクリックして、アップしたい動画画像を指定する。自分はソニーのサイバーショット「DSC-M2」で撮影したMPEG4画像をそのままアップしたいので、それを指定。

関連記事:サイバーショット「DSC-M2」はブロガーにオススメ(1)

下のほうには「Public(みんなに見せる)」「Private(プライベート)」の2つを選べるようになっている。ブログなどに張るのなら、前者の「Public」を選ぼう。家族・友人限定の恥ずかしい・・・いや、プライベートな写真なら後者だ。

写真

アップロード中♪

YouTubeがすごいのは、かなり重たい動画でも、
結構一瞬でアップロードできちゃうこと。

動画のフォーマットも変換しているというのに、すごいもんだ!!!

写真

一瞬、エラーか?と思うけど、ちゃんと読むと「Your upload was successfully added!(アップロードは成功したよん♪)」というメッセージ。この画面で、さらに動画に詳細情報を追加してゆくことができる。

写真

例えば「Date Recorded(撮影日)」とか「Location Recorded(撮影場所)」とか。

特に必要なかったら全部無視してしまっていい。
何か編集をした場合には、ページ一番下の「Update Video(ビデオをアップデートする)」をクリック。

一番下に、「Embed HTML(埋め込み用HTML)」というのがある。
サイトやブログに動画を埋め込むのなら、このソースコードを丸ごとコピーして、貼り付ければいい。

ただ、このまま使うと、両脇に余分なスペースがついてしまうこともあるので、その場合には「width」「height」の数値を適正なものに変更すればいい。

ちなみに自分の場合、常にサイバーショット「DSC-M2」の320×240ピクセルで撮影しているので、「width="320" height="240"」に変更して貼り付けている。


以上、ざっくりだけどこんな感じです。
次回からは、日本の同様のサービスの使い方や比較をしていきたいと思います。

トラックバック

この記事へのトラックバック一覧

「動画」のトラックバックセンター

「動画」に関するページを集めました。 from 「動画」のトラックバックセンター at 06/09/14

レビューカテゴリ


レビューマイスター ブログ新着記事

写真日本のどこかで今日も、“レビューマイスター”がデジカメ構えて真剣レビュー中!!!
(レビューマイスターとは?)

RSS 全レビューマイスターの新着記事RSS

ブロガーのためのデジカメスキルアップ講座

瀬川陣一氏「ブログに掲載する写真をもっと上手に撮りたい」「小物などの撮影テクニックを知りたい!」「簡単な写真編集方法を知りたい」そんなブロガーのための特別講座です。

RSS MONO-PORTALの新着記事RSS
RSS 外部ブログの新着レビュー記事RSS

My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add to Google

Powered by Movable Type Ver.3.36